2020/11/24 01:28

ルビーセル ヒト幹細胞培養液化粧品 正規代理店 仲村雅子です。
本日はルビーセル ヒト幹細胞培養液コスメを使用した効果的なスキンケアについてご紹介させていただきます

ルビーセルとは
肌の再生を促すリバースエイジングスキンケア(基礎化粧品)です。
これまでのように加齢によって減少した美容細胞を補充するのではなく、美容細胞を作りだす元となる 『幹細胞』 を活性化させるという根本的なエイジングケアを実現させます。

ルビーセルを使用したお手入れ(スキンケア)の順番は以下のとおりです。

【1】
クレンジング(メイクなどの油性の汚れや毛穴につまった汚れである角栓、黒ずみなどを落とすことが目的)
ウォータープルーフのマスカラや落ちにくい口紅などは専用のリムーバーを使用し先に落としておきます。お顔をぬるま湯で十分にぬらして毛穴を開かせます。適量を手にとってよく泡立たせ顔全体を包み込み、ぬるま湯で丁寧に洗い流します。
  
【対象商品】

【2】
洗顔(皮脂や古い角質、垢などの汚れを落とすことが目的)
クレンジングでは落としきれない古い角質や垢などを落とすためW洗顔を行います。十分に泡立てて30秒ほど乗せた後ぬるま湯ですすぎます。毛穴を収縮されるために最後は冷たい水で仕上げる事をおすすめします。

【洗顔のポイント】
1.洗顔料は泡立てが不十分だと原液が触れて刺激になるので、水と空気を含ませるようによく泡立て、泡で顔を包みこむように優しく洗うことが大切です。
2.皮脂分泌が盛んで汚れやすいTゾーン(お顔、小鼻、あご)は指の腹を使って丁寧に洗います。
3.目のまわりなどデリケートな部分は優しく洗います。

【すすぎのポイント】
1.生え際、目頭、小鼻、鼻の下、あごの下などは、すすぎ時に洗顔料が残りやすい部分ですから、すすぎ残しのないよう十分に洗い流します。

【拭き取りのポイント】
1.ふきとる際は、柔らかいタオルなどで顔を軽くおさえるようにして水分を吸い取ります。

【対象商品】

【3】
化粧水(ミスト)
化粧水としてミストを使用しすぐに肌に潤いを与えます。お肌を化粧水で満たすことで、キメをふっくらと整える効果があります。そうすると肌が柔らかくなめらかに整い、透明感アップにつながります。さらには皮脂のバランスが整うので肌トラブルが起こりにくくなったり、次に使う美容液(セラム)の浸透を高めたり多くのメリットがあります。
ルビーセルのミストにはセラムの濃縮した成分も含まれており乾燥肌、混合肌のバランスを整え健康な肌に導いてくれます。またミストは20cm離れた距離でお顔全体に噴射します。
  
【対象商品】

【関連ブログ】

【4】
美容液(セラム)
エアブラシ・システムへセラムを入れて、頬から20cmほど離して、首~お顔までまんべんなくセラムを振りかけます。気になる部位(シミ、ほうれい線、眉間のしわ)には重点的にセラムを振りかけます。その際、エアブラシとお顔の距離は20cm程度を常に保つことを意識してください。

【対象商品】


【5】
アイケア
緩んだ皮膚の組織にきっちり栄養を与えて目元を集中ケアしてください。ルビーセルのアイクリームは手を使用せずアプリケイターという金属の材質を使用してケアを行います。このアプリケーターは低い熱の伝導率を持っており常温でも冷たい状態を維持することができ鎮静にも効果的です。1回の使用量は2プッシュを目安としてください。

【対象商品】

【6】
保湿クリーム
役割はお肌に含まれている水分を蒸発させないようにすることです。お肌の水分蒸発を防ぐのは皮脂の役割なのですが、皮脂は年齢とともに分泌量が減っていきます。20代の時は保湿クリームを付けなくても平気だったという方も、30代40代と歳を重ねるごとにお肌の水分は失われやすくなっていますので、化粧水をつけた後に水分をお肌に閉じ込めておくために使用するのが保湿クリームです。適量を手に取り顔全体にのばします。体温によってお肌になじんで乾燥しにくくなります。
 
【対象商品】

【関連ブログ】

【集中ケア】
・シミやしわなど悩みがある箇所にもう一度クリームを厚めに塗ること(集中ケア)で、ハリや透明感のあるお肌へ導きます。
・塗れば塗るほどふっくらする集中ケアシステム
・水分と栄養で中から引っ張り上げるリフティング クリーム
・エアレス容器で最後の1ミリまでも衛生的に使用

【対象商品】

【関連ブログ】

【7】
化粧水(ミスト)
セラムの使用後に振りかけることにより美容液の吸収率を高めます。
ルビーセルのミストにはセラムの濃縮した成分も含まれており乾燥肌、混合肌のバランスを整え健康な肌に導いてくれます。またミストは20cm離れた距離でお顔全体に噴射します。